読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書録K

本に出会う歓びを、誰かと共有したい書評ブログ

アニメ版を知らずに観た「美女と野獣」で感動した

「美女と野獣」を映画館で観た。本家のディズニーアニメをこれまで一度も観たことがなく、実写化の再現性がどうなのか、もともとの世界観の通りなのか、ストーリーに違いがあるのかは一切分からないけれど、ただただ感動した。あまりに有名な内容なんだろうからいいのかなとも思いますが、以下、そこそこネタバレを含みますのでご注意ください。

◎愛し愛される課題への向き合い方がよかった

主人公・ビースト(日本版では野獣なんだろうけど、あまりに無骨なのでビーストで)は、舞踏会に迷い込んできた魔女を無碍に扱ったことで麗しい王子からその醜い姿に変えられてしまったわけだが、その呪いを解く条件・課題は「人を愛し、愛されることを知る」というものだった。

「愛する」でも「愛される」でもなく、その両方というのがポイントで、愛するだけではないからビーストが愛せる人を連れてきても、その人がビーストを愛するとは限らない。愛されるだけでもないので、執事らの誰かがビーストを愛するだけでも足りない。

結局、近隣の村で変わり者扱いされているけど、知性と度胸と人間性を備えた女性ベル(エマ・ワトソン)が現れたことで、執事たちは可能性が出たと安堵する。ベルは決してビーストの醜い外見で全てをシャットアウトすることなかった。

ここでいいな、と思ったのが、ビーストがベルに「愛されること」を待ってはいなかったことだった。「愛し愛される」の条件は、愛されることで愛するという展開もありうる。特にビーストにとっては、この姿では自分は愛されるはずがない、という卑屈な気持ちを拭えないわけで、愛され待ちになってもおかしくない。でも、ビーストはベルの優しさに触れたのをきっかけにしても、愛することは自分からだったと思う。

一方でベルも、愛され待ちではなかった。ベルは村人に距離を置かれるとともに、自らも村人に距離を置いているところがあった。理想の王子がどこかにいないかしらと思う気持ちもなくはなかった。でも、ベルがビーストを愛するかどうかは、ベル自身が決めていたように思う。愛そうという気持ちが双方に重なって、愛し愛されるということを知った。それがとってもよかった。

◎敵役のガストンがよかった

作品のテーマは「美しさは内面から生まれる」ということになるが、この命題を浮かび上がらせるのに一役買っていたのが、敵役の騎士?ガストンだった。彼は騎士なのかな。村人?

ガストンは、変な子認定をされているベルに一貫して求愛する。でもそれは、ベルの豊かな知性に対してではなく、ベルの美しさに対してだった。それを見抜いているベルは一顧だにしない。ガストンがベルの家の敷地に踏み込むシーンで、土の上に伸びる作物の草を踏みつけるシーンがあった。ガストンが見ているのは内側から表出する美ではなく、見目麗しさでしかなかった。きっと花だったら、踏みつけなかったんじゃないか。

ガストンは完全な悪役ではなく、なんというか「惜しい」のがよかった。美醜に囚われるのは人として当たり前の気がする。少なくとも、ベルが変な子だという「評判」に左右されず、好きだと言っていた点は、「美醜だけ」で愛を決めていないということもできる。

ガストンとビーストの違いは、内省だったのかなと思う。ビーストはベルと交流する中で、執事らが自分を怖がっていないかと気に病んでいることを打ち明ける。癇癪を起こしてしまう自分をどうにかできないか、悩んでいる。一方でガストンは、なぜベルが自分に振り向かないのか、振り返る様子がない。顧みるということが心を育て、そこから美しさを表出するという話なのかなと思った。

◎歌が素敵だった

本作はミュージカル映画という感じで、要所要所で登場人物が歌を歌うのだが、これが素敵だった。作品によっては、歌が不自然に映るというか、「え?ここで歌う?」みたいなことがある。「美女と野獣」はそういうのがなく、シームレスに歌に入っていくし、歌からストーリーに戻っていく。

それは、歌わずにはいられないようなタイミングで歌うからなのかなと思った。同じように感じた作品に「レ・ミゼラブル」が思い浮かぶが、アン・ハサウェイが泣きながら歌うシーンがあったと思う。それは行き場のない悲しみを嘆くのに、歌わずにはいられないような、そんな歌い方だった。「美女と野獣」もまさにそんな風に、悲しみや喜びを、どうしようもないよなって時に歌ってくれるので、引き込まれる。あと単純に、エマ・ワトソンさんも、ビーストのダン・スティーヴンスさんも、燭台に変えられたルミエールのユアン・マクレガーさんも、みんな歌が上手い。沁みる。

アニメ版を知らない方でも、おそらく知ってる方でも、きっと楽しめる映画です!

www.disney.co.jp

骨は見えないー「骨を彩る」

淡い黄色のイチョウが舞う表紙に心ひかれた。作者・彩瀬まるさんが、住野よるさんの「よるのばけもの」の書評を週刊文春に書かれていて、なんとなく優しい人だなと感じたのも、本作「骨を彩る」を手に取るきっかけになった。表紙のように儚く、そっと手を触れなければ形がかわってしまう、そんな物語だった。

骨を彩る (幻冬舎文庫)

骨を彩る (幻冬舎文庫)

連作短編集。裏表紙にあらすじが書かれている「指のたより」が入り口になる。病で妻を亡くした主人公・津村が、遺品の手帳を開き、言葉を失う。「だれもわかってくれない」。妻はそう記していた。メモ書きのようにちりばめた言葉の中に、それ以上の説明はない。 妻はどんな気持ちで、誰に宛てて、もしくは誰にあてるでもなく、「だれもわかってくれない」と書いたのか。知りたい。でも亡くなった人の真意に、心に触れることはできない。

津村は答えに辿り着きたい思いにかられながらも、妻の気持ちを簡単に決めつけることへためらいを覚える。まだ幼い娘の小春が、生きている人間が死者を語ることの難しさを率直に指摘する。

「野口おじさんは目、おばさんは耳、いとこのさっちゃんは頭のかたち、光浦のおばさんは笑った時の印象。おじいちゃんとおばあちゃんはなんだっけ、生え際と後ろ姿? みーんな、適当。適当に、私が年々お母さんに似ていくって言って、しんみり気持ちよくなりたいだけなのよ。パパも、勝手にお話を作ってるんじゃないの」(p31)

表題に入っている「骨」というものは、だれにも見えない。レントゲンは骨を無理くりにみせるだけで、見えているわけではない。喪失感というのもまさに骨と同じで、その全てをはっきりとは捉えられない。うずくのは感じる。もどかしく思う。でも皮膚を剥いで、中身をとりだして、これが私の喪失感か、と手に取ることはかなわない。 小春が訴える違和感は、自分にすら分からない痛みを、なぜ外野がレントゲンを照射するように語ってしまうのかというものなんだと思う。津村も、この小春と似たように感じながら、それでも、妻が逝く前に抱えていた痛みを、知りたいと願う。

「指のたより」に続く「古生代のバームロール」「ばらばら」「ハライソ」「やわらかい骨」は、リレーのように、津村に関わる人が次の主人公になっていく。誰もが津村とはまた違う痛みを抱えている。それでも生きている。彩瀬さんは、痛みを感じながら、それでも感じずにはいられないまま、生きていくことを描く。そうすることで、ままならぬ人生をそっと、肯定してくれた。

住野よるさんの作品も、痛みを手当てしてくれる小説です。「君の膵臓を食べたい」「よるのばけもの」の感想はこちらです。

www.dokushok.com

www.dokushok.com

未知への向き合い方―「星を継ぐもの」

 地球から離れた月面で、いるはずのない5万年前の「人間」の遺体が見つかった。どこから来たのか、我々地球人と同じなのか?―。本書「星を継ぐもの」は壮大な謎に遭遇する物語であり、その未知への向き合い方を教えてくれる作品だ。 

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 

  成毛真さんの「AI時代の人生戦略」で、「STEAMを学ぶにはSF(サイエンスフィクション)を読むべし」と薦められたのを実践。たしかに「星を継ぐもの」のテーマは、たとえばAI(人工知能)のように今後仕事に降りかかるであろう未知技術への対応力を底上げしてくれる気がする。

(※以下、物語中盤に触れるので、若干のネタバレを含みます。ご注意ください)

www.dokushok.com

 

◎知の横断―「地球人なのか」を解き明かすために

 著者J・P・ホーガンさんが本書を発表したのは1970年代。舞台として想像されている社会はいまよりもう数歩進んだ未来社会だが、有する科学技術は我々から見て突拍子もないものではない(要するに、技術的にいまの社会と捉えても大丈夫と言えば大丈夫)。そんな社会が、月面で見つかった太古の遺体が地球人か否かを解き明かすには、いったいどうすればいいだろう?

 遺体が地球人であれば、5万年前の人類が一体どうやって月面に行ったのか、合理的な説明が必要だ。またそうした高度な技術の遺構がどうして地球に残っていないのかも謎である。地球外の人間であれば、これほど人類と似通っているのはなぜなのか。そしてそうした生命体が存在できる惑星はあるのか、が焦点となる。

 地球に持ち帰られ「チャーリー」と符号を与えられた遺体を、地球の科学者が様々な角度から検討を重ねる。主人公にあたる物理学者・ハント博士も、チャーリーの謎を解き明かすために集められた1人だ。

 面白いのは、学者同士はなかなか一枚岩になれないところ。生物学者の目から見れば、循環器系を見ても骨格を見ても明らかにチャーリーは地球人は同一にうつる。別分野の人間にとって別の意見があっても、そもそも専門分野が違えば見える世界も違ってきて、結論同士が融合していくのはなかなか難しい。特に「チャーリーは地球人なのか否か」という問いは一見して妥協できる落としどころがない(地球人であるかそうでないのか、二択になってしまいがち)のが、対話を難しくする。

 ここでハント博士は、「チャーリーは地球人なのか」について結論を出さない選択肢を提案する。

 「この段階では問題をもっと柔軟な視野で捉えるべきではないか、ということです。何しろ、チャーリーはまだ発見されたばかりですよ」(P94)

f:id:dokushok:20170504230830p:plain

 ハント博士は結論を出す代わりに、それぞれの専門領域で課題になっていることを聞き、それに示唆を与える「ハブ」の役割を果たすようになる。結論・方針・信条が違えば「シマ」になって横の情報共有が難しい各班が、ハント博士への情報共有とフィードバックを通してつながっていく。

 たとえば、ハント博士は直感で、チャーリーの所有する手帳用のものに書かれている象形が、カレンダーではないかと提起する。カレンダー自体はチャーリーの世界で一月が何日か、一年が何月かを示すだけだが、生物班がチャーリーの代謝を解き明かすと、チャーリーの睡眠時間が推計でき、1日の長さが見える。すると、チャーリーの惑星の公転周期が分かる、体重と力の比率を骨格から割り出せば惑星の質量も推定できる、とつながっていく。

 生物学だけで、手帳の暗号解読だけでチャーリーが地球人か断定できなくても、こうした事実の積み重ねで、一歩一歩正確な結論へ近づいていく。深い専門知識に加えて、それをつなげた「知の横断」が未知との対峙に重要になってくる

 これは、これから仕事をしていく上で「STEAM」、サイエンス(科学)、テクノロジー(技術)、エンジニアリング(工学)、マセマティックス(数学)の素養が必要だという「AI時代の人生戦略」の要旨と通底する。自らの中に「ハント博士」を置いて、幅広い分野の知識を連結させていく姿勢が、求められるはずだ。