読書熊録

本に出会う歓びを、誰かと共有したい書評ブログ

ノンフィクション-歴史

ファシズム前夜にできることー読書感想「暴政」(ティモシー・スナイダー)

ポスト・トゥルースの時代であり、ポピュリズムの足音が聞こえる「いま」を、ナチスドイツや共産主義が大量虐殺と大戦争を生んだ「あの頃」と比べ、教訓を得る一冊が本書「暴政」だ。著者のイエール大教授ティモシー・スナイダー氏は、「ブラッドランド」な…

「戦前」を線でとらえる―「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫) 作者: 加藤陽子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る なぜ日本は太平洋戦争に突き進んだのか。その道筋を日清戦争、日露戦争からたどっていく本書…