読書録K

本に出会う歓びを、誰かと共有したい書評ブログ

GWも仕事でへとへとな人に薦めるNetflix映画5選

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

 仕事でへとへとになっていると、ゴールデン・ウィークも何もない。人によっては連休のどこかで、溜まったタスクを片付けに行っていらっしゃるだろうか。しかもあと3日しか残ってねえや。そんな方が、つかの間、心をリフレッシュするのにネット動画サービス「Netflix」を推したい。携帯にダウンロードすれば、少なくともGW中は無料で見られる。Wi-fi環境がなくても、この数日のデータ使用はそこまでひびかないだろう。数あるラインナップの中で、仕事で疲れた人におすすめの作品を紹介する。

 

 ①ジャッジ!(2014年、永井聡監督、出演:妻夫木聡、北川景子ほか)

ジャッジ! [DVD]

ジャッジ! [DVD]

 

  うだつのあがらない広告マン・太田喜一郎(妻夫木聡)が、上司が取引先案件で作ったしょーもないCM作品を、なんとか「国際広告祭」で勝たせろと厳命を受ける、ザ・会社員映画。太田は広告が大好きで、広告の力を信じて入社したものの、いまだそういう仕事をできた実感はないまま、今回も無茶ぶりをされた形。それでも「仕事だからやらなくちゃ」と奮闘する様子が、心に沁みる。

 この広告祭でも、「いい広告とは何か」を度外視した広告代理店間のパワーゲーム、つまり「今回は彼を勝たせなくちゃ、次の仕事に影響するよ」というやり取りが渦巻くのが面白い。結局、仕事は、「やらなくちゃいけないから、やる」から逃れられないんだよなあ。

 でも太田は、その広告祭にまっすぐぶつかることで「やっぱり広告が好きだ」というポジティブなエネルギーを再燃させて、周囲も巻き込んでいく。鑑賞後「いろいろしんどいけど、仕事ってやっぱりいいじゃない」という、無理のない光が、心に差してくる。

 

②深夜食堂(09年、3シーズン+オリジナル、出演:小林薫ほか)

映画 続・深夜食堂 DVD通常版

映画 続・深夜食堂 DVD通常版

 

  ネットフリックスの強みはオリジナル作品が豊富で面白い点で、テレビドラマ「深夜食堂」の続編もその一つ。東京の片隅で、深夜から未明にだけ開く食堂を舞台に、マスター(小林薫)と訪れる客の悲喜こもごもを描いている。元祖のドラマシリーズも、どの回もじんわりと伝わってくる。

 働いて働いて、ようやく職場を離れたときに「まだ今日が終わってほしくないな」という切なさを感じた人はすくなくないと思う。深夜食堂には、そうやってまだ明日を迎えられない色んな事情を抱えた人が足を運ぶ。

 ウインナーだったり、卵焼きだったり、毎回キーとなる一皿がまた良い。飲み屋に寄らずに家に帰って、焼くだけ炒めるだけの簡単なつまみとともに、ほっと一息をつきたくなる。

 

③バクマン。(15年、大根仁、出演:佐藤健、神木隆之介ほか)

バクマン。DVD 通常版

バクマン。DVD 通常版

 

 「漫画家になりたい」(夢)と「漫画家でいる、い続ける」(現実)とのギャップがこれほどまでに過酷なのかという点で見ると、これもザ・お仕事映画。

 そもそも漫画家のおじさん(宮藤官九郎)が命を落としているわけだが、主人公の最高(佐藤健)はそれでも勝負所で明らかに過労の体を引きずって連載に臨む。替えがきかない恐ろしさとともに、「生み出す」ことのすごみが身に迫る。

 そうやって生み出す作品は、しかしながら、自分が面白いと思う漫画と「求められる」エンターテイメントの妥協点でもあるのが真実味がある。もし、今春に入社した新入社員で、GWに早速「本当にこの会社の仕事は、自分のやりたかったことなのかな」と悩むようであれば、「バクマン。」は示唆に富んだ作品になると思う。

 同じような「はざま」での揺らぎを描いているのがNetflixオリジナルドラマ「火花」。又吉直樹さんの小説も面白かったけど、ドラマも独特のとげがあって◎。

www.hibana-netflix.jp

 

 ④箱入り息子の恋(13年、市井昌秀監督、出演:星野源、夏帆ほか)

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

 

  「逃げ恥」でこじらせた独身男を演じた星野源さんが、「箱入り息子の恋」ではさらに苦しさを背負う、ほとんど対人恐怖症に近い公務員・雨雫健太郎を演じている。親主導の見合いで目の不自由な今井奈穂子(夏帆)に出会うわけだが、夏帆の父親バリキャリで、明らかに健太郎を見下して、交際を認めない。でも、「誰からも理解されない」とつらい思いをしてきた健太郎だからこそ、「誰にも気遣われる」奈穂子の内面にそっと触れることができる。

 健太郎が劇的に変化してハッピーエンド、とはならず、やっぱり屈折したままだし、ただでさえ不利なのにトラブルが重なる。そこからの突破がハチャメチャで、仕事で難しい案件を抱えていても、「なんとかなりそう」という根拠のない自信がもらえるかもしれない。恋愛映画だけど、「人と人が出会い、成長する」普遍性が強く、誰でも楽しめると思う。

 

⑤ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(09年、トッド・フィリップス監督、出演:ブラッドリー・クーパーほか)

  仕事全く関係ないです。結婚式を控えた新郎ダグが、悪友2人と新婦の弟(スチュ、フィル、弟アラン)と「独身最後のばか騒ぎ」をしにラスベガスへ。「史上最悪の二日酔い(ハングオーバー)」をして目覚めると、なぜか見知らぬ赤ちゃんが部屋にいて、本物のトラもいて、だけどダグが行方不明で、なのに誰も前夜の記憶がないという惨状が広がっていた、さあどうする?というお話。

 コメディなのに、飲み過ぎて記憶が吹っ飛んでるのが効いて、「何をしでかしちゃったのか」を解き明かすミステリーでもある。最初の奇天烈な状況もすべて伏線として回収してくれた。まあそんなことよりひたすら笑える。はまれば、続編もあるし、数日は飽きずに楽しめる作品です。